【蒐集】本屋で貰える”紙のブックカバー”コレクション

A6168731-DA6E-4384-91F7-70D290DEF8EC.jpg
こんにちは、じきるです!
宇宙柄で失礼します!



皆さんは「なんとなく捨てずにとっといてあるモノ」って何かありますか?

お菓子の空き缶、お店で貰った手提げ袋、町内会のお祭りのうちわ、少年ジャンプの付録の遊戯王カード…

「いつか使えるだろう」と思って保管しておく人は多いと思うのですが、意外と使う機会がないんですよね。

それ故に、それらの「なん捨てモノ」は増えていく一方…



僕にも一つ、「なん捨てモノ」があります。

それは…


48B57C2A-5D2F-430D-9CA5-DD91769C6365.jpg

本屋で貰える紙のブックカバーです。
かれこれ8年くらい溜め込んでると思います。
※上の写真はほんの一部です


今回はこれまでに蒐集したブックカバーたちを振り返ってみたいと思います。



TSUTAYA

3A0D39C5-BE55-4CA2-9E27-FDBA1E73DDB0.jpg
非常にシンプルなワンポイントデザイン。

万人受けするスタイルですね。

折り返しに広告等が織り込まれていますが、折り返しなので外からは見えません。
折り返しに広告や店舗情報の書かれたブックカバーはとても多かったです。今回は約70%が該当しました。


4178EB19-251F-4822-B46A-3CC232447607.jpg
こちらは別サイズのTSUTAYAブックカバー。

ストライプ柄でやんちゃしてますね。



紀伊國屋書店

73DA4AE9-B777-4ECA-84FE-9B306FC25DE7.jpg
横ラインに書店ロゴのシンプルめなデザイン。

本の背表紙部分を横断しているデザインはなかなか珍しいと思います。

本を開いたときだけ全貌が明らかになる紀伊國屋ロゴ。良いですね。



芳林堂書店

EEFD5BF7-ED73-405E-9B68-CC1838924D44.jpg
縦横に数本のラインを巡らせたスタイル。

主張控えめなロゴマークがオシャレです。

どことなく紀伊國屋書店に似てる気がしますね。



ジュンク堂書店

95BD5D4D-770A-4408-89B0-E5D4A297BB5F.jpg
モードなワンポイントが目を引くデザイン。

デカめワンポイントは近年のトレンドですし、さすがはジュンク堂といったところですかね。
デザインにもこだわりが見られます。

余談ですが、「ジュンク堂」は「淳工藤(当時の社長の父親の名前)」からきているそうです。



成文堂書店

55E25870-4C74-4E00-B23A-CB132DEB7040.jpg
ラインとイラストをシンプルに取り入れたデザイン。

正義の女神”ユスティティア”が鎮座しています。

成文堂は学術書専門の出版社でもあります。
学問の世界の”正義”を見守ってるのかもしれませんね(適当)



Family Book

7E445E9A-E1CA-452F-A337-D5892F15CF19.jpg
ロゴマークにディレイ効果をかけたようなデザイン。

全体が緑がかっております。


ECAC7E48-8F37-4DB2-85B7-88739EA1A58A.jpg
このブックカバーは初めから折り返しが糊付けされており、本からカバーが外れにくい親切設計となっております。
ここはかなりのプラス点ですね。


76C0CAC3-E8CE-45E2-B338-FE12A4921CE1.jpg
別バージョンのもの。
やや主張強めな柄モノタイプ。

なお、残念ながらこちらは折り返しが糊付けされておりません…。



LIBRO

5CC8053E-110F-4535-A786-36852B7CEE0C.jpg
総柄ロゴデザイン。

それでいて主張は強すぎず、どんな本でも着こなせる懐の広さを持っています。

上下逆さに装着しても問題ないリバーシブル(?)スタイルでもあります。



ブックファースト

05FE9CE5-9FB2-48DB-91BE-730CA523DF78.jpg
大小様々なロゴを無造作に配置した変則デザイン。

元・阪急グループ傘下の書店であったためか、大阪らしい主張の強さが見受けられます。


BDC75E69-BE3E-4CB5-8CB0-068E7B9235DC.jpg
こちらは総柄タイプのデザイン。

そういえば青い紙地は結構珍しい気がします。



東武ブックス

8C0F222A-5B6E-459F-A960-C7F08EBED6AE.jpg
エジプトっぽいイラストとスカイツリーのイラストをドーンと構えたデザイン。

なんだその組み合わせは。


2B942473-BDDD-4DBA-96D1-33395B16C868.jpg
ちなみにダブル・エジプシャンスタイルのものもあります。



いまじん

E322F747-B852-47CD-A9DA-5631F18BE3B3.jpg
ウサギと鳥(?)が主張するキャッチーなデザイン。

その陰影に富んだデザインには何か惹かれるものがあります。

残念ながら2015年11月よりTSUTAYA等に全店フランチャイズ加盟しているため(wikipedia参照)、もうこのブックカバーは見られないと思います…。
レア・ブックカバーですね。



あゆみBOOKS

E7A8CC01-4D79-4383-836B-EC4B308A4184.jpgA1270270-28FE-49C5-9BEB-E3DB55F73A44.jpg
アーティスティックなイラストが大きく描かれたデザイン。

ブックカバーの種類も複数あるようで、とてもオシャレで個性的なものが多いです。

コーヒーチェーンのシャノアールが関連会社にいるのも関係してるでしょうか…?
(↑ カフェ=オシャレという認識)

個人的には一番好きなブックカバーです。



改造社書店

E60D9387-A8FA-4581-9A41-6A0A9182782E.jpg
総柄を通り越した、重厚かつ前衛的なデザイン。

波のような模様がうごめいて見えますね。

改造社は大正8年創立の老舗書店(当時出版社)であり、その歴史の深みがブックカバーに現れているような気がします。多分。



早稲田大学生協

D5F4BFFE-B242-4BD4-B367-98612479B79A.jpg
書店としてはちょっと変則タイプですが、最後に早稲田大学生協も一応。

早稲田大学キャンパスのマークを散りばめた総柄デザインです。

ややポップな仕上がりで、早稲田らしさが出ていると思います。



おわりに

いかがでしたでしょうか?

お店で無料でつけてもらえるブックカバーにも、それぞれ個性が出ていると思います。
なんとなく、大手書店のブックカバーはシンプルなデザインで、中小規模の書店は個性が強めだったような気がします。

まるでアパレル業界のようですね!
(この例えが正しいかどうかは不明です)


皆さんも本屋で本を買ったら、ブックカバーをつけてもらいましょう!
いい感じのデザインのものがありましたら、是非僕にご一報ください!




01C9877A-E0EE-497A-9D6F-1948C9E74ECA.jpg
さらば俺の8年間。


(おわり)
(広告)

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック